活性酸素対策,[乳酸菌]と[酵素],コロナウィルス対策,免疫力向上 コロナウィルス対策 [乳酸菌]と[酵素]

コロナウィルス対策 [乳酸菌]と[酵素]

乳酸菌・酵素サプリ商品は大変多く、選定に大変迷います。そこで選定の基準を下記に絞り込みました。基準の理由はサイト後半に説明しています。
乳酸菌サプリ選定基準

①信頼でき実績のあるメーカー商品であること
②胃の強酸にも耐え、腸まで届くこと

酵素サプリ選定基準

①信頼でき実績のあるメーカー商品であること
②48度以下の低温加熱・熟成で酵素が死活していない商品であること

おすすめ商品画像クリックでメーカーサイトへリンク(購入もできます)

腸まで届く乳酸菌サプリ

乳酸菌革命 プレミアム乳青 善玉菌プレミアムダイエット

 



 

販売開始から17万袋も売れてる乳酸菌サプリ!40種類の善玉菌が腸まで届いてお通じすっきり! 乳酸菌革命商品です。

 



 

国産桑の葉青汁に植物性乳酸菌と酵素を配合した[プレミアム乳青]

 

 

 



 

 

 

話題の腸内フローラダイエット【善玉菌プレミアムダイエット】

高温加熱処理のない酵素サプリ

植物生まれの酵素 生酵素【RAW ENZYME】 万田酵素



 

有機野菜など130種類の素材だけをまるごと熟成発酵。『生きたまま腸まで届く乳酸菌』を1億個配合



 

100種類の天然素材を濃縮したパワフルな生酵素【RAW ENZYME】

 

 

 

 

54種類の植物性原材料を使用し、果実の皮や種までまるごと発酵・熟成させた万田酵素シリーズ

 

[乳酸菌]の種類・働き・特徴

[人は腸から老いる]
[大腸は病気の発生源]

[免疫細胞の2/3は腸にある]

[美容の基本である肌の美しさは腸内環境で決まる]

と言われるほど 腸は大変重要な器官です。

腸内フローラとは「腸内細菌叢(さいきんそう)」のことで、原語は腸内細菌の「花畑」の意味です。
その腸内には1000種類、1兆個の細菌が棲み、重さで約1Kg以上にもなります。

腸・健康に関するTV番組や健康雑誌でよく言われる「腸内環境」「善玉菌」「悪玉菌」「乳酸菌」「ビフィズス菌」などを理解し、
健康寿命を延ばすための対策・サプリ選定までを検証します。

大腸は不要になった老廃物を排出したり、溜める器官で、小腸は食べ物を消化酵素で分解し栄養を吸収する器官、
腸でも「大腸」が重要なのは、腸内細菌のほとんどは大腸内にあるからです。

ここで! 「腸内環境」が良い悪いとは何でしょうか?

腸には体に良い菌(善玉菌)、悪い菌(悪玉菌)、どちらともいえない菌
(日和見菌)が混在していますが、問題はそのバランスです。

■ 「良い」とは、 善玉菌が悪玉菌より多い状態で、「悪玉菌減少→乳酸菌増加→免疫力アップ・自然治癒力アップ→病気予防」の状態です。
又、肝臓の負担減少、便秘解消、免疫力UP、美肌 などの効果もあります。

■ 「悪い」とは、 悪玉菌が善玉菌より多い状態で、「悪玉菌増加→乳酸菌減少→免疫力低下・自然治癒力低下・老化の促進→病気」の状態。
さらに、便秘になりやすい→老廃物滞留→それをエサに悪玉菌が増殖します。

さらに! 「善玉菌」「悪玉菌」とは何でしょうか?

善玉菌 もともと大腸に住んでいる菌で、「乳酸菌」(ビフィズス菌、ブルガリア菌、サーモフィルス菌)、「腸球菌」などで、糖質(オリゴ糖など)を主な食べ物として生息する。和食など植物繊維の多い食品や、発酵食品を好んで食べます。
悪玉菌 健康に害をもたらすのが大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌といった悪玉菌です。腸内に残った食べカスのタンパク質やアミノ酸を腐敗、分解させてアンモニアなどの有害物質を作りだし、下痢や腸炎を誘発します。肉類等の動物性タンパクを主な食べ物として生息する。

では!  腸内の「善玉菌」を増やし、免疫力をアップするにはにはどうしたら良いでしょうか?

■ それは、偏食や不規則な食生活、ストレスや寝不足などで体調を崩すことなく、善玉菌優勢の腸内環境バランスを保つことです。

具体的には! 次のような生活習慣を心がけることが必要。

●朝食をしっかりとる
●適度な運動を継続する
●食事は脂肪分少なく植物繊維を多く含むものを摂取する
●乳酸菌摂取で良い腸内環境バランス保つ

関連姉妹サイトへ:



[酵素]の種類・働き・特徴

酵素(エンザイム・enzyme)は人体の生命維持・抗酸化力にかかせないものです。

その種類・性質・特徴等を検証し、「病気予防・健康寿命をのばすため」「美容・ダイエットのため」「活性酸素対策」・「酵素による抗酸化力強化」を目指します。

酵素の種類・働きを分類すると
コロナウィルス対策 [乳酸菌]と[酵素]
上記・赤丸の「抗酸化酵素」が「活性酸素」を除去する「活性水素」生成に大きく関与しています。
ここで注意!
「酵素」には注意すべき大きな性質・特徴が3点あります。

① 「酵素」は熱に弱く48度C以上で、失活(働きがなくなる)する
② 「潜在酵素」の体内での生産量は人間一生で限度があり、一定量しかありません
③ 「潜在酵素」の体内での生産量は加齢(40歳から)とともに減少する(60歳では20歳の半分)

体内酵素の減少は免疫力の低下になります
そこで!
健康維持のため、体内の酵素量(潜在酵素量)を一定に保つためには、

●「潜在酵素」の消費・減少を抑え、「潜在酵素」の加齢による生産減少分を補う
●「食物酵素」の十分な摂取が必要となります

では!
「食物酵素」の摂取には、どのような食べ物がよいか?

●それは下記の「抗酸化物質」食品、「生きた酵素」を体内に十分取入れることが必要と考えられます
●それは下記の「抗酸化物質」食品「生きた酵素」を体内に十分取入れることが必要と考えられます

コロナウィルス対策 [乳酸菌]と[酵素]

抗酸化物質

①食品では「食物酵素」を多く含む食べもの
・生の食べ物 → 生野菜、果物、生の肉・魚(刺身)など。
・発酵食品  → みそ、納豆、ぬか漬けなど。
②ビタミン→ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10 (果物、ナッツ等)
③ファイトケミカル(植物化学物質)類→カテキン(お茶)、アントシアニン

生きた酵素(生酵素)酵素サプリ等

しかし! 

●食物酵素を多く含む食べ物を食べても、酵素は胃の中で胃酸(pH約2.0)で分解されてしまいほとんど失活します

でも胃を抜けるまで、食べ物の消化分解を補助し栄養成分として送り出します。
そしてその栄養が、腸での潜在酵素の材料になったり働きを補助し、潜在酵素の消化に回る 浪費を抑えてくれます。

さらに!

●酵素は健康寿命を延ばすために必要なものですが、それは「美容」「ダイエット」にもつながる効果があると言われています

次のコーナーでは、酵素サプリの摂取について検証します。

[酵素]サプリメントを検証

食品で十分な「食物酵素」を取入れられない場合に、補助食品として摂取できるサプリを検証しました。そこには

「知っているようで知らない」「知らないと損をする」

情報がたくさんありました

ここで注意!

●それはサプリ製造過程での「加熱」です。(48度C以上の加熱では、酵素は失活するため しかし食品衛生上、殺菌加熱が「食品衛生法」で義務づけられています。 (厚生労働省・告示抜粋は下記)

●ドリンク形式のサプリ(瓶詰め、缶詰め)は、「清涼飲料水」のジャンルとして扱われるため、最低65度C以上の加熱が必要です
●酵素を粉末にしてカプセル・錠剤にするにも、まず高温加熱による粉末化が必要です。

そこで、生きた酵素(サプリ)を摂取するには、加熱しない「生の酵素」(生酵素)や、企業独自の技術力による 「低温加熱」「熟成処理」商品を選ぶ必要があります

しかし!  「酵素」と名の付く商品は、世の中に氾濫するほど多く、選択に苦労します。

そのため当サイトでは酵素が失活しないキーワード、

「非加熱」「低温加熱」「低温熟成」に絞って選定しました。

 

活性酸素対策Ⅱ

関連姉妹サイトへ:
がん対策活性水素 水素水http://taka7799.info/

 

 

 

広告


 

 

 


 

 

 

更新履歴
広告サイト